酵素ダイエット

酵素と野菜ジュースの違いを比較【ダイエット検定1級監修】

更新日:

酵素ドリンクと野菜ジュースって、どっちも野菜とか果物が入ってる飲み物っていうイメージだけど、どう違うんだろ(°_°;)
「飲み物でチャチャッとラク痩せしたい!野菜ジュースと酵素ドリンク、ダイエットにはどっちが向いてるの?」

野菜や果物たっぷりの、野菜ジュースと酵素ドリンク。

でも、実際なにが違うのかわかりませんよね。

ジャンルが異なるからには、何か大きな違いがあるはず!

ダルダルお肉が気になっているわたしたちダイエッターには、一体どちらが向いているのでしょうか。

 

どっちが-良いのかな…?

 

そこで、野菜ジュースと酵素ドリンクについて、あなたに代わって、ダイエットのプロ集団である我々『ダイエットWEBチーム』が徹底リサーチ。

野菜ジュースと酵素ドリンクの決定的な違いはもちろん、しっかりダイエット結果を出したいお悩み女子にはどちらがオススメできるかも、ズバリお答えします!

野菜ジュースと酵素ドリンク、一体どちらに軍配が上がったのか…この記事を読んでいるあなただけに、コッソリ教えちゃいますね☆

 

ズバッと解決

 

【比較表】酵素と野菜ジュースの違い

酵素ドリンクと野菜ジュースには、どのような違いがあるのでしょうか。

サクッと表にまとめてみました。

酵素ドリンク 野菜ジュース
作り方 原材料を、丁寧に時間をかけて発酵・熟成させて作る 原材料をしぼって作る(濃縮する場合もあり)
原材料 ・野菜・果物・野草・海藻・きのこなど
・穀物を原料にしたものもある
・少ないものは10種類ぐらいだが、おおむね60種類~200種類(300種類を超えるものも)
・フレッシュな野菜や果物
・1種類~20種類前後
栄養 たくさんの原材料が発酵中にギューッと濃縮されるため、種類も量も多い 原材料が持つ栄養をそのままor濃縮しているが、加熱するため減る
フルーティーな味・チョコ味・梅味・黒糖味・きなこ味・独特の発酵臭でややクセのある味など 野菜のナチュラルな甘みや、果物のフルーティーな旨みを生かした味
飲み方・アレンジ 原液で飲む、水や炭酸・牛乳などで割って飲む、ヨーグルトにかける、砂糖代わりに使うなど 原液で飲む、ゼリーにする、焼き菓子に混ぜるなど
1回分のカロリー 20~80kcalぐらい(カロリー0のものもあり) 60~80kcalぐらい
1回分の糖質 3~20gぐらい(糖質0のものも) 低いものは0に近いが、高いものだと20~50gぐらい
ダイエットスピード スピーディー ゆるやか
値段 1本700ml前後でおおむね4000円~10000円 およそ200mlで70円~900gで400円ぐらい

 

「へ~、比べてみると全然違うじゃん!」

そうですね。

酵素ドリンクも野菜ジュースも、それぞれにしっかりした特徴があるんですよ。

※「比較表の根拠を知りたい!」人へ。下記項目のうち、知りたい根拠をクリックすれば見ることができます。

【作り方・原材料・栄養】の根拠

酵素ドリンクと野菜ジュースの決定的な違いは、作り方。

野菜ジュースの作り方は、大きく分けて以下の2種類です。

  • フレッシュな野菜や果物をしぼったもの(ストレート
  • しぼった後に水分を抜いて保管しておき、再び水分を加えて元の濃度に戻したもの(濃縮還元

いずれも加工の途中で熱をくわえているので、原材料が生の状態の時に比べて、ビタミンや食物繊維といった栄養素が少なくなっています。

しかも、もともとの原材料の数も、1種類~20種類ほどと、酵素ドリンクに比べてとても少ないんですよね。

 

ショック…(;_;)

 

一方、酵素ドリンクの場合、原材料となる野菜や果物、さらに、野菜ジュースではあまり使われることのない野草を、数十種類から、多いものでは数百種類使います。

このたくさんの原料を、野菜ジュースとは違い、しぼるのではなく『発酵・熟成』させるんです。

発酵中に素材の栄養素がエキスの中にジュワ~ッと溶け出し、さらに、寝かせる(熟成)ことによって余分な水分が抜けて、トロトロ~リと濃厚に。

だから、もとの栄養以上に、カラダにうれしい栄養成分がギッシリなんです。

瓶詰め商品の場合は、法律で決まっているため、瓶に中身を入れたあとで加熱しています。

加熱すると栄養がちょこっと減ってしまいますが、それでも、酵素にふくまれる栄養や、発酵の途中で生まれる酵母菌がたっぷりなんですよ。

このたっぷりの栄養や成分たちが、あなたの美ボディ作りをしっかりサポートしてくれました☆

 

素材の栄養が体にじわ~ん♡

 

【味・飲み方・アレンジ】の根拠

味は、野菜ジュースは野菜や果物といった、素材そのものの味わいを楽しめます。

そのまま飲む方が多いですが、ゼリーにしたり、焼き菓子(パウンドケーキなど)の生地に混ぜたりもできますよ。

これに対して、酵素ドリンクは、フルーティーな味はもちろん、梅味や黒糖味、チョコ味などバリエーションがありました。

そのままでも飲めますが、味が濃いので、水分で割ったり、ヨーグルトにかけたりする人も。

アレンジの幅が広く、飽きずに続けられます♪

 

アレンジいろいろ!

 

【カロリー・糖質】の根拠

つづいて、ダイエッターが気になる『カロリー』と『糖質』。

1回分のカロリーは、酵素ドリンクは20~80kcalぐらい、野菜ジュースは60~80kcalぐらいでした。

なお、酵素ドリンクは、カロリー0のものもあります。

ここだけを見ると、酵素ドリンクのほうが、ほんの少しカロリーが低そうなイメージですね。

ただし、水分で割ったりヨーグルトにかけたりする場合、水や炭酸水ならカロリー0ですが、割るものやヨーグルトのカロリーがプラスされることに注意が必要。

目安として、牛乳1杯(200ml)134kcal程度、カップヨーグルト1個(120g)100kcal程度です。

 

割るもののカロリーに注意!

 

また、糖質は、野菜ジュースでは

  • 低いものは0に近い
  • 多くは15g~20g
  • 高いものだと50gほど

ありました。
砂糖が入っていなくても、野菜ジュースによく使われるニンジンやリンゴやトウモロコシは、甘みがあるぶん糖質が多い素材なんですよね。

 

糖質たっぷり!

 

糖質はダイエットの大敵

病気などで糖質制限をしている人もいるかもしれません。

もしもあなたが

「野菜ジュースを飲んでみたいけど、糖質が気になる!」

と思っているなら、

  • 比較的糖質の少ないトマトジュース
  • 葉物野菜メインのジュース
  • 糖質オフ(ただし0ではない)のタイプ

いずれかを選ぶことをおすすめします。

ただし、それぞれトマトの味が強かったり、青臭さを感じたり、味が薄かったり…と、普段飲んでいるジュースに比べて美味しいと感じられない可能性もありますよ。

 

美味しくないのはイヤ!

 

これに対して、酵素ドリンクは0のものもあり、ほかのアイテムも3~20gほどでした。

ただし、合わせるものの糖質がプラスされます。

糖質の量は、牛乳1杯で10g程度、カップヨーグルト1個で10~15gが目安ですよ。

 

合わせるものの糖質に注意

 

【ダイエットスピード】の根拠

「カロリーと糖質を比べる限り、五十歩百歩のようにも感じるけど…どうして酵素ドリンクのほうがスピードやせできるの?

はい、そこがやはり、『しぼった素材』か『発酵させた素材』かの違い

比較表のすぐ後にお話ししたとおり、野菜ジュースは

  • 原材料が1~20種類ほどと少ない
  • 原材料をしぼって、加熱している

しかも、野菜ジュースの栄養は、加熱によって少なくなってしまうもの(ビタミンや食物繊維)があるんです。

 

加熱すると栄養が減ってしまう

 

さらに気をつけたいのは、よくある『1本で1日分の野菜をとれる』という商品。

たしかに、1日にとるように国からすすめられている量の野菜は入っていますが、野菜の量は多くても、ジュースとして完成するまでに減ってしまう栄養もあるため…

『1本で1日分の栄養がとれる』わけではないんです。

そんな野菜ジュースを1本飲んで、

「よーし、今日の分の栄養はバッチリ♪これなら、ごはんはテキトーでもいいかな( ̄▽ ̄)」

と思ってしまう人もいるかもしれませんが、実は栄養が足りていないので、食事のときにも栄養のことをしっかり考えないといけないんですよ。

 

食べ物からの栄養も必要

 

いっぽう、酵素ドリンクは、

  • 原材料が数十種類~数百種類と多い
  • 原材料を発酵・熟成させて、栄養を濃縮

と、使っている原材料の数も違えば、作り方も違うので、野菜ジュースに比べて酵素ドリンクのほうが圧倒的に栄養が多く、しかもパワフルなんです。

 

パワフルな栄養がたっぷり!

 

栄養は、あなたのスタイルアップのみなもとに。

だから、多ければ多いほど、ダイエットに効果的なんですよ。

酵素ドリンクに入っている栄養とは、たとえば…

栄養 効果
ビタミン ・免疫力を高めて、病気になりにくい体に
・老化を進みにくくする
・お肌を元気でハリのある状態にキープ
・カロリーの消費アップを助ける
※種類によって少しずつ効果が異なる
食物繊維 ・おなかの動きをよくして、お通じに働きかける
・血糖値を上がりにくくすることで、食べたものがお肉に変わるのをブロック
・おなかに満足感を与え、食べすぎを防ぐ
・コレステロールをおさえる
マグネシウム ・糖質を燃やしやすくする
カリウム ・うんちを出しやすくする
・お肉を燃やしやすくする
酵母(発酵中に生まれる) ・糖質(炭水化物や甘いもの)を分解して、お肉に変わるのをブロック

 

栄養ギュギュッ♪

 

【値段】の根拠

もう1つ気になるのが、値段。

野菜ジュースは、およそ200mlで70円~900gで400円ぐらいと、リーズナブルでした。

一方の酵素ドリンクは、1本に700ml前後入って4000円~7000円ぐらい、高いものだと10000円ほどかかります。

「これは確実に野菜ジュースのほうが安いよね…」

と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、ここに大きなポイントが。

野菜ジュースは、たしかに手頃な値段ですが、飲む時のシチュエーションを考えてみると…

たとえば飲みきりサイズ200mlの紙パック。

ストローを差して、ストレートでチューッと飲みますよね。

そしてその片手には、ハンバーガーがあったり、サンドイッチがあったりしませんか?

おやつで飲む場合にも、セットでクッキーやお菓子があることが多いはず。

野菜ジュースのお供やおやつ代も、結構バカになりませんよね…。

ということは、いくら野菜ジュース自体が安くても、一緒に食べるものの値段がプラスされ、結局数百円~1000円前後かかってしまいます。

 

セットで何か食べると、ぜんぜん安くない!

 

対して酵素ドリンクは、ファスティングや置き換え、つまり食事の代わりにできる飲み物

1回分も20ml~60mlほどと、少ないんです。

「えっ、少なっ!」

と思ったあなた、思い出していただけるでしょうか…

酵素ドリンクは、野菜ジュースのように原液で飲むことが少ないもの。

おもに、水や牛乳などの水分で割って飲みます。

ごはんの代わりに飲めて、1回分の量が少ないとすると…?

 

食事の代わりに飲めて、1回の量も少ない

 

「…あっ、食費浮くんじゃない!?

そのとおり!

たとえば、720mlで5000円のドリンクを1日1回30mlずつ、ごはんの代わり(置き換え)に飲むとすると…24日もちますよね。

ということは、5000÷24で、1日あたり約208円という計算に!

つ・ま・り…

1食分が208円なら、ワンコインランチよりも、高級ディナーよりも、断然安くなるんですよ♡

 

お金が浮いた♡

 

 

野菜ジュースの良さ・悪さ

野菜ジュースなら、手軽にグビグビ飲めそうだよね♪でも、いいところも悪いところも知ってから飲み始めたいな~

野菜ジュースが気になっているあなたも、前もってメリットやデメリットを知っておけば、飲むか飲まないか…決めやすいですよね。

ということで、野菜ジュースの良さ・悪さについてまとめてみました。

メリット(いいところ) デメリット(悪いところ)
・スーパーやドラッグストア、コンビニなど街のお店で買える
お手頃プライス
そのまま簡単に飲める
野菜や果物のフレッシュな味を楽しめる
・入っている野菜や果物の種類が少ないうえ、加熱しているため、栄養も少なめ
野菜と果物以外のもの(成分)はほぼ入っていない
糖質が高いものも多く、ダイエット効果を感じにくい
アレンジの幅が小さい
野菜や果物嫌いには向いていない

 

「どこでも買えて安いって、いいね~!そういえば、毎日行くスーパーにもたくさん売ってる!」

「あれ?だけど…デメリットが結構多い(´・ω・`)ダイエットにはあんまり向いてない?

そうなんです。

野菜ジュースは、ふだんの食事で野菜や果物をあまり食べない人が、栄養補給健康目的で飲むもの。

ダイエット目的では作られていないので、スタイルアップ効果を感じにくいんですよね。

 

効果がない!?

 

そもそも、野菜ジュースは原材料の野菜や果物が1種類~10種類ぐらいと、少ないんです。

作るときに栄養も減ってしまいますし、酵素ドリンクとは違い、あなたのダイエットを後押ししてくれる成分も、ほとんど入っていません

ただし、値段は1回分飲みきりサイズ(おおむね200ml)で100円前後と、と~ってもリーズナブル。

しかも、スーパーやコンビニなどどこでも買えるので、ちょっとお買い物に行ったついでに手に入れられるのが便利ですよね。

そのまま飲めるお手軽さも、うれしいポイント。

また、900gぐらい入っている大きなボトルもあります。

(※900g=900mlではないので要注意。アイテムによって違いますが、900gでおよそ800ml前後)

「毎日ちょこちょこ買いに行くのが面倒」「1日に何回も飲むから小さいパックじゃ足りない」というあなたは、大きいボトルにしてみては?

 

お手頃価格で気軽に使える

 

酵素ドリンクの良さ・悪さ

わたし、酵素ドリンクが気になってるんだ~!いいところ、悪いところ、全部教えて!

はい、それではつづいて、酵素ドリンクのメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット(いいところ) デメリット(悪いところ)
・原材料が多く、栄養がたっぷり詰まっている
酵素をはじめ、ダイエットに効果的な成分が入っている
スピーディーなダイエットを目指せる
健康や美容にも効果的
味の種類が多い
いろんなアレンジができる
独特の発酵臭がするものもある
700mlぐらいでおよそ4000円~10000円と高め
インターネットでしか買えないものも
・瓶詰めのものが多い(落とすと割れてしまうリスクあり)
アレルギー物質が入っているものが多い

 

「お?意外にメリットもデメリットも多いんだ?」

「でも、栄養も多いしカラダに良さそうだよね!」

そのとおり。

酵素ドリンクにはデメリットもありますが、いいところがた~くさん☆

 

いいところがいっぱい!

 

つまり、酵素ドリンクは、ダイエットにはもちろん、健康面も美容面も考えて作られている、み~んなが喜ぶ飲み物なんですよね。

女性としての魅力UPにも、大活躍してくれますよ♡

 

全身まるごとキレイ♡

 

【結論】酵素と野菜ジュースならどっちがおすすめ?

さて、いよいよこの記事の結論をお話しするときが来ました。

心の準備はよろしいですか?

酵素と野菜ジュース、ダイエットにオススメなのは、ずばり……

酵素ドリンク 野菜ジュース
原材料 笑顔 微妙
栄養 笑顔 微妙
笑顔 微妙
飲み方・アレンジ 笑顔 微妙
カロリー 笑顔 微妙
糖質 笑顔 微妙
ダイエットスピード 笑顔 微妙
値段 笑顔 微妙
おすすめ度

酵素】でした!!!

「やっぱりね!わかってたよ( ̄▽ ̄)」

という人も

「ええっ!今までせっせと野菜ジュース飲んでたのに…ショック~!!

というあなたも、いると思います。

そんなダイエッター達に、わたしたちダイエットWEBチームが野菜ジュースよりも酵素ドリンクをおすすめする理由は、

  • 健康・美容・ダイエット、あらゆる面でサポートしてくれる
  • 原料たっぷりで栄養バランスがよく、発酵させているおかげで栄養価自体も高い
  • カロリー消費がアップして、ムッチリが燃えやすいボディに
  • 発酵と栄養成分のパワーでおなかの詰まりにも効果的
  • カロリーも糖質も低い
  • スピードダイエットを目指せる方法もある
  • 種類が多く、飲みやすいフレーバー展開
  • コスパもバッチリ

と、た~~~くさんあったんです。

 

燃える

 

「たしかに…。これだけ酵素ドリンクのおすすめポイントがあったら、野菜ジュースは完敗ね(~_~;)」

「野菜ジュースと酵素ドリンクの違いもバッチリわかったことだし、今からさっそく酵素ドリンクを注文してみよっと!」

 

さあ、あなたもご一緒に。

酵素ドリンクでオンナ度をUPさせつつ、ムダなお肉のないビューティーラインを手に入れてみませんか?

 

スッキリ女子に大変身

 

まとめ

ピヨ
酵素VS野菜ジュース、ダイエットにオススメなのは…野菜を発酵させて栄養がパワーアップしている【酵素】なんだピヨ~♪

ちなみに…人気の酵素ダイエットドリンクを使ってみたいあなたは、以下のページでチェックできますよ☆

-酵素ダイエット
-,

Copyright© ダイエットWEB , 2018 All Rights Reserved.